冬の受験勉強は、足を温めて寒さをしのごう

冬の受験勉強は、足を温めて寒さをしのごう

受験シーズンは一年で最も寒い時期です。
そのため、家で長時間受験勉強していると、寒さが辛く感じるでしょう。

しかも寒さのせいで風邪を引く可能性もあり、このように受験生は寒さ対策をしなければなりません。

今回は、私がおすすめする寒さ対策について紹介します。

スリッパで足を温める

勉強をしているとき、最も冷えるのが足です。

手は、文字を書いたり教科書をめくったりと動かしますが、足は基本動かすことがありません。

時々、足を組んだりする程度です。そのため、長時間受験勉強していると足がかなり冷たくなってしまい、それが体全体も冷やす原因になるのです。

そこで私がおすすめするのが冬用のスリッパです。

冬用のスリッパには、柔らかくて暖かみのある素材が使われていて、これを履くと冷たい外気から足をガードしてくれます。

あるいは電気マットや電気座布団をフットレストとして使うのもかなり有効です。

いずれにしても足を冷やさない事が大事なのです。

●加湿器とエアコンを併用する

受験勉強中に寒さをしのぐためエアコンを使用する方は多いかもしれませんが、私がおすすめするのは、同時に加湿器も使うことです。

なぜなら、エアコンの身の使用は空気を乾燥させ、体感温度を下げてしまうからです。

しかし、同時に加湿器を使うことで、湿度が保たれエアコンの暖かさもより感じられるのです。

まとめ

ここまでお伝えしたように、受験勉強をする時は、加湿器とエアコンで部屋を暖めつつ冬用のスリッパを履いて足を温めましょう。

この方法で寒さをしのいでください!