骨盤矯正で疲れにくくなりました

骨盤矯正で疲れにくくなりました

体を支える骨盤はちょっとしたことで歪みます。

例えば、カバンを肩にかけるのに右肩だけ、左肩だけという偏りがある場合や、立っている時の体重をかける方向、あるいは座り際に体を捻る、さらに脚を組むことが多いなど、人間のしぐさや癖が災いし、次第に骨盤が歪みます。

これは長年のしぐさや癖によるもので、知らないうちに自分の体の骨格を崩しているのです。

では骨格の歪みを解消するにはどうすればよいのか。

答えはストレッチと、整体にあります。

ストレッチには筋肉を柔らかくし、変に偏りをもつ筋肉を緩める効果があります。

骨格の歪みは筋肉の力や硬さによる影響がありますので、ストレッチをしましょう。

毎晩お風呂につかったあとは体が柔らかくなっていますので、ゆっくりとストレッチをしましょう。

特に重点的にストレッチする箇所は股関節まわりです。

まずは、あぐらをかきます。そして足裏を合わせ、できる限り足を体に引き寄せ、体を前に倒したり、両膝を床につけたりして伸ばしましょう。

また、歪みがひどい場合は整体に行って先生に診療してもらうのが良いです。

自分の歪みの箇所がわかりますし、治療をしていけば歪みは解消します。

ストレッチや整体により骨盤を矯正すると、次第に余計な力がかかる箇所が減り、さらに力の伝わり方が効率よくなりますので、疲れにくい体に変わります。